目の疲れが驚くほど取れるストレッチと運動

リラックスといって、皆様は何を思い浮かべますか?
そして、疲れた体や、精神を癒すのに皆様はどういったリラックス方法をされていますか?

 

好きな音楽に心を癒されたり、ゆっくりと風呂につかって体を癒したり…
確かに心身癒されるとは思いますが、そんな中でも働き続けているものがあるんです。

 

それは【目】です。

 

なぜこんなにも視力の悪化が起きているのか。
それは目をつかい過ぎているのが大きな原因だといわれています。

 

目は使い過ぎてしまうと、ピントが合わなくなり視力低下につながっているのです。
ですから、視力悪化を予防するのには、目の疲労をとってあげることが一番の予防方法だといえます。

 

 

一定の距離で長い時間、同じものばかりをみているのが目にいいことでは決してなく、4時間という長い時間、ずっと見続けていると目がぼんやりした感じになります。

 

それは弱い仮性近視と同じ状態だそうです。
しかし、それも少しの時間、軽く休憩をするだけで回復するのですから休憩をはさむということはとても大切といえます。

 

間違えている方がいらっしゃると思いますが、画面やその周りの明るさについて明るい方が目のためにはいいことなんだ、というのは大きな誤りで、逆に目に対しては負担をかけていることになるんです。

 

それは白地が多い画面では非常に目がつかれるからです。
ですから少し暗いかな?ぐらいの設定が実は目にはちょうどいい明るさだったりするんです。

 

ひとつの画面などを集中してみていると、どうしても瞬きの回数というのは減っていくので、よくきくドライアイになってしまうことが多いです。
ドライアイは瞬きが減ったことによって、循環するはずの涙の量が足りなくなりおこることです。

 

では、足りなくなった涙を補うためにはどうしたらいいでしょうか?
そこで目薬を差す人が多いですが、デメリットもあり、目薬をさしてばかりいると、目に必要な油まで流してしまうのです。
それが余計にドライアイへと進んでしまうので、注意書や使用方法はしっかり把握して使わないといけません。

 

目の疲れをとる方法として、目を温めるというのが効果的です。
蒸しタオルやアイマスクの温めるタイプのものは疲れをとるのに、とても適しています。

 

単なる濡れたタオルをのせているのも疲れがとれそうですが、冷たいタオルで目を冷やしてしまうと血管が縮んでしまい、よけいに疲れを増大させてしまいます。

 

反対に温かいタオルなどで目を温めると血行がよくなり、疲れをとってくれるということです。

 

 

 

 

どうしても目を使い続けてしまうということから、離れるということはできないですよね。
だからこそ、普段からできるちょっとした工夫で、少しでも目の疲れを抑えて、長い時間大切に付き合っていくのが理想だと思います。

 

毎日のちょっとした合間にできる工夫と併用しながら行うと、よりいっそう効果が得られるのが視力回復トレーニングであり、それは有名なプロスポーツ選手も行っている方法です。

 

1日のうち10分ほど行えばいいという視力回復トレーニングは、時間をとれない方たちでも続けることができるということで支持されています。